前へ
次へ

子供の成長にとってバランスの良い朝食が大事

バランスが良好の食事を適正に口に運ぶことは、集中する力や学習能力の改善に実効性があるといわれています。
特にキーポイントとなるのが朝食です。
朝食をしっかりと口に運ぶ子供は、そうではない子供と比較して、知的能力などの側面で秀でていると評されています。
これについて身体のメカニズムに根拠があります。
人は眠りに就いているときに、活用した筋肉や臓器の損傷を補修し、脳を休めています。
そのような時、エネルギー源として活用されるのがブドウ糖になりますが、朝起床するころには、体のブドウ糖は使い果たされます。
ブドウ糖を補充するのが朝食になります。
朝ごはんを口に運ぶことで、エネルギー補給ができます。
正反対に朝食を抜くと、体も脳もエネルギーが不足している状況と化して、思い通りに学習やエクササイズができなくなります。
従って、適正なバランス状態の良い食事を三食口に入れることは、子供の育成のためとても大切になります。

Page Top