前へ
次へ

主食というのはどういうものかということ

食の内容というのは地域によって違うということになりますが分かりやすく言うとそこですることができるものというのがその国の文化につながるということになると言っても過言ではないです。
ちなみに日本の場合、主食としてあるのが米ということになるわけですがかなり前から普及していますし日本はとても効率的の良い稲作というのをしているのは間違いないです。
簡単にいいますと水田です。
当たり前のように水田を知っている日本人たちですが豊富な水がなければできることではありませんので実はそんなに多くのところをやっているタイプの稲作というわけではないです。
ちなみに麦と米ということでは増える量ということから考えますと間違いなく米の方が良いということはわかっています。
それでも麦もどんどん品種改良されているということになりますので生産量自体はとても増えているというのは間違いないですが米もかなり品種改良されているので恐ろしいほどの生産量になっています。
生産効率がよい、ということです。

Page Top